青い鳥 ー チャールズ・ブコウスキー (English)

私にとってこの詩が大切です。この言葉は真実の音と思います。

これはいい作品です

下は私の翻訳です。

我の心の中からでたい青い鳥がいる、

だが我は彼に強すぎる。

我は「そこにとどまれ、

誰にも君をみせない」と言う。

我の心の中からでたい青い鳥がいる、

でも我は彼にウイスキーを注ぐ、そして

たばこの煙を吸いこむ、

それから売春婦とバーテンダーとコンビニ店員は

決してそこに彼がいることを知らない。

我の心の中からでたい青い鳥がいる、

だが我は彼に強すぎる。

我は「我にしくじらせたいか?」

「我の仕事をしくじらせたいか?」

「ヨーロッパでの我の本のセールスを崩したいか?」と言う。

我の心の中からでたい青い鳥がいる、

でも我は利口すぎる、

時々夜だけ、皆がねている時、

彼を出してあげる。

我は「君がいるのは知っている、

だから悲しまないで」と言う。

そしたら我は彼を心の中にかえす。

でも彼は少し歌う、そこの中で。

我は彼を完全に死なせていない。

そして我らは一緒にねる、

共に秘密の約束もってる。

それは男を泣かせるのに十分優しい。

でも我は泣かない、

君は?